MENU
「ドコモ光のキャンペーンで1番お得なのはどれ?」
「いろいろなキャンペーンがあるから、どれが良いのか分からない・・・」

ドコモ光への申し込みを検討中のあなたは今、こんな疑問をお持ちではありませんか?
ドコモ光には公式キャンペーン以外にも、家電量販店やプロバイダの独自キャンペーンがあるため、どれがお得なのか分からない方は多いでしょう。

そこで、当ページではドコモ光利用者の私が、1番お得なおすすめキャンペーンをご紹介しています。
また、キャンペーンを選ぶ時のポイント、キャンペーン特典を受け取るまでの手順や流れ、特典の受け取り時期についても解説します。

お得にドコモ光へ申し込むために、ぜひ参考にしてください!

ヨドバシカメラのキャンペーンってお得なの?

ドコモ光のキャンペーンには、次の3種類があります。

■公式キャンペーン
NTTドコモが実施している公式キャンペーンです。
ドコモ光の申込窓口には、公式サイト、ドコモショップ、プロバイダサイト、家電量販店がありますが、公式キャンペーンはどこから申し込んでも適用されます。

■プロバイダの独自キャンペーン
ドコモ光の対応プロバイダが独自に行うキャンペーンです。
対応プロバイダは26社あり、それぞれが内容の違うキャンペーンを展開しています。

■家電量販店の独自キャンペーン
ヤマダ電機、ヨドバシカメラなど、家電量販店も独自のキャンペーンを実施しています。
プロバイダの独自キャンペーンと同じく、キャンペーンの内容は各社違います。

このように、ドコモ光のキャンペーンには種類があり、それぞれ内容に差があります。
まずは各キャンペーンの詳細について見ていきましょう。

ドコモ光の工事費がキャンペーン利用で無料に!

公式キャンペーンは、ドコモ光に申し込むと適用されるキャンペーンです。
新規申込・転用どちらも対象となりますが、特典の内容には差があります。

※転用とは:フレッツ光や提携CATVのインターネットサービスからドコモ光へ乗り換えること。

2-1.ドコモ光への申し込みでdポイントがもらえる!

ドコモ光への申し込むと、dポイントがもらえます。
dポイントとは、ドコモのスマホ料金支払い、ネットショッピング、ファストフードやコンビニでの支払いなど、様々な用途で使えるポイントです。

申し込みの区分によって次の通りポイントを受け取れます。

・新規申込:20,000ポイント
※「ドコモ光 ミニ」「ドコモ光 単独タイプ」への申し込みは10,000ポイント
・転用:5,000ポイント

なお、dポイントの受け取り時期はドコモ光利用開始月の翌々月です。

2-2.新規申込なら工事費最大18,000円が無料に

光回線を利用するには、回線を開通させるための工事が必要です。
ドコモ光は工事費を負担するキャンペーンを行っており、新規申込の場合は工事費最大18,000円が無料になります。

ただし、転用の場合は工事不要でドコモ光を利用できるため、工事費の無料キャンペーンは適用されません。

2-3.他にも割引サービスが多数

ドコモ光は、dポイントプレゼント・工事費無料以外にも様々なキャンペーンを実施しています。
適用対象となるキャンペーンがあれば、ぜひ利用しましょう。

■スマホ★光のりかえサポート
スマホ★光のりかえサポートは、ドコモ光への申し込みと同時にスマホもドコモへ乗り換えると、特典をもらえるキャンペーンです。
ドコモ光への申し込み時に他社携帯電話の解約証明書を提出すると、解約金相当のdポイント(10,260ポイント)がプレゼントされます。

■ドコモ光ワンストップサポート特典
ドコモ光ワンストップサポート特典は、dポイント(8,880ポイント)をもらえるキャンペーンです。
ドコモ光の申し込み時に指定のサポートサービスに加入したうえ、「ドコモ光ルーター01」を購入すると、ルーター購入金額相当分のdポイントが還元されます。

■光★複数割
光★複数割は、ドコモ光を複数回線契約すると、2回線目以降の月額料金が300円割引になるキャンペーンです。
離れて暮らす家族が、ドコモ光への申し込みを検討している場合などにおすすめです。

■ドコモ光期間限定割引
ドコモ光期間限定割引は、ドコモのスマホや携帯電話で対象プランに加入すると、ドコモ光の月額料金が500円割引になるキャンペーンです。

■「ひかりTV for docomo」新規お申し込み特典
「ひかりTV for docomo」への新規申込でdポイント(2,500ポイント)がもらえます。
ただし、dポイントには約2ヶ月という有効期限があるほか、用途が限定される点に注意が必要です。
具体的には、ポイント交換商品、ケータイ料金の支払い、データ量の追加、寄付にはdポイントを使用できません。

ドコモ光への転用におすすめのキャンペーンとは

ドコモ光のプロバイダは、公式キャンペーンとは別に独自のキャッシュバックキャンペーンを行っています。
また、キャッシュバックだけでなくWi-Fiルーター無料レンタルなどの特典もあるため、申し込み前によく確認しておきましょう。

プロバイダが実施する主なキャンペーンの特典は次の通りです。

■GMOとくとくBB
最大15,000円キャッシュバック+Wi-Fiルーター無料レンタル+出張サポート+セキュリティサービス

■So-net
14,900円キャッシュバック+ Wi-Fiルーター無料レンタル or 訪問サポート

■ANDLINE
Wi-Fiルーター無料レンタル+セキュリティサービス

ドコモ光のキャンペーンはいつまでやってる?今申し込んだ方がいいの?

ヤマダ電機やヨドバシカメラなど、家電量販店も独自キャンペーンを行っています。
ただし、キャッシュバックを行っているケースはほとんどなく、大抵はポイントの還元です。
また、期間によってキャンペーン内容がよく変わるので、申し込み時の確認が必須です。

家電量販店が実施する主なキャンペーンは次の通りです。

■ヤマダ電機
dポイント(5,000ポイント)プレゼント

■ヨドバシカメラ
dポイント(5,000ポイント) or ヨドバシカメラのポイント(5,000ポイント)プレゼント

ドコモ光のキャンペーンでパソコンがもらえる!

ここまでの説明で、ドコモ光のキャンペーンには種類があり、特典内容にも差があることがお分かりいただけたかと思います。

では、ドコモ光に申し込む時は、どのキャンペーンを利用するとお得なのでしょうか?
お得なキャンペーンを選ぶ時のポイントは、次の4つです。

■特典内容
ポイントの還元だけでなく、キャッシュバックのついたキャンペーンがお得です。
ドコモ光に申し込むと、必ず公式キャンペーンが適用されてdポイントがもらえます。
さらに、キャッシュバックの金額が大きいキャンペーンを利用すると、Wでお得です。

■適用条件
特典の受け取り条件として、オプション加入が必要なキャンペーンの利用は避けましょう。
特典を受け取るために不要なオプションに加入すると、解約を忘れて月額料金を請求される可能性があります。

■特典受け取りの手順
アンケートへの回答や書類の返送など、特典を受け取るために複雑な手続きが必要なキャンペーンはおすすめしません。
というのも、手続きに不備があると特典を受け取れないため、
「特典をもらいそこねた」という方が多いからです。

■特典受け取りの時期
特典の受け取り時期が早いキャンペーンを選びましょう。
特典の受け取り時期が「開通後1年」など極端に遅い場合、手続きを忘れて特典をもらいそこねる可能性があります。

以上のポイントを考慮すると、ドコモ光に申し込む時はプロバイダの独自キャンペーン利用がおすすめです。
プロバイダのキャンペーンを利用すれば、公式キャンペーン(dポイントプレゼントと工事費無料)が適用されますし、キャッシュバックも受け取れます。
前の回線を解約した時に違約金が発生しても、金額によってはキャッシュバックで相殺可能です。
家電量販店から申し込んでも公式キャンペーンは適用されますが、キャッシュバックはありませんし、ポイント還元も少ないので、あまりお得ではありません。

フレッツ光からドコモ光への転用キャンペーンとは

プロバイダ独自キャンペーンのうち、私がおすすめするのは「GMOとくとくBB」です。

私はドコモ光の申し込み時にいろいろなキャンペーンを比較しましたが、GMOとくとくBBのキャンペーンは、特典内容、適用条件、受け取りの手続き・受け取り時期、全ての面で他のキャンペーンより優れていました。
実際、GMOとくとくBBは公式サイトに「他社徹底対抗宣言」を掲載しており、
「自社キャンペーンよりお得な特典を提供している申込窓口があった場合、同等以上の特典を提供する」と約束しています。
つまり、それだけキャンペーン内容に自信を持っているということでしょう。

では、ここからはGMOとくとくBBのキャンペーン内容について説明します。


6-1.公式キャンペーン適用+最大15,000円キャッシュバック
GMOとくとくBBのキャンペーンサイトから申し込むと、公式キャンペーンの適用に加えて最大15,000円のキャッシュバックを受け取れます。
キャッシュバック金額に「最大」とついている理由は、加入プランによって次のように金額が違うからです。

・ドコモ光 2年定期契約プラン(タイプA)への申し込み:5,500円
・ドコモ光 2年定期契約プラン(タイプA)+ドコモ光電話バリューへの申し込み:15,000円

電話サービスに加入しない場合、キャッシュバック金額は5,500円になりますが、家電量販店のポイント還元より高額なのでお得です。


6-2.高性能Wi-Fiルーターを無料で使える
GMOとくとくBBは、高性能Wi-Fiルーターの無料レンタルも行っています。
ルーターは「V6プラス」という高速の接続方式に対応しているため、
開通後に「インターネットの速度が遅い」と感じることは少ないでしょう。

また、設定が簡単な点もメリットだと言えます。
プロバイダの複雑な設定は不要で、ルーターを接続するだけでOKなので、インターネットの設定が苦手な方も安心です。

これだけ高性能のルーターを購入すると10,000円以上はかかるので、無料で使えるのは嬉しいポイントですね。


6-3.出張サポート・セキュリティサービスも無料
キャッシュバックとルーターの無料レンタルだけでなく、出張サポートとセキュリティサービスも無料です。

インターネットの接続設定、メールの設定、通信機器の設定が無料になるほか、月額500円のセキュリティサービスを1年間無料で利用できます。


6-4.GMO以外のプロバイダから申し込むと損?
GMO以外のプロバイダから申し込むと、ハッキリ言って損をします。
その理由は、GMOが実施するキャンペーンの特典内容が良いことだけでなく、GMOはプロバイダとしてのスペックも高いからです。

■特典内容
GMO以外のプロバイダでキャッシュバックを実施しているのは、So-netだけです。
So-netはオプション加入なしで14,980円のキャッシュバックを還元しているので、GMOと遜色ないように感じるかもしれません。
しかし、その他の特典は「Wi-Fiルーター無料レンタル or 訪問サポート」なので、実質の特典はキャッシュバックを含めて2つだけです。

また、GMOやSo-net以外のプロバイダはキャッシュバック自体がありませんし、特典もWi-Fiルーターの無料レンタルやセキュリティサービスの無料提供くらいしかありません。

■スペック
GMOはV6プラスに対応しているため高速です。
ネットゲームや動画視聴など、比較的大きなデータのやり取りをされる方でも、問題なくインターネットを使用できます。

また、ドコモ光の「タイプA」という基本料金の安いプランに対応している点も見逃せません。
OCNや@T COMのように基本料金の高い「タイプB」しか利用できないプロバイダもあるので、GMOならお得に高速なインターネットサービスを利用できるというわけです。

なお、タイプAとタイプBで月額料金は次のように違います。

・タイプA:マンション4,000円・戸建5,200円
・タイプB:マンション4,200円・戸建5,400円

月額料金が割引になるキャンペーンの内容とは

GMOのキャンペーンからドコモ光に申し込んでも、手続きをしないとキャッシュバックが還元されません。
確実にキャッシュバックを受け取るために、申し込み後の流れを確認しておきましょう。

■キャンペーン申し込みからキャッシュバック受け取りまでの流れ
@GMOらくらくBBのキャンペーンサイトから申し込み
A申し込み完了後、GMOのメールアドレスにキャッシュバックの案内メールが届く
B案内メールに記載されているURLをクリック
Cページの案内にそって必要事項を記入してキャッシュバックを申請
Dキャッシュバックを申請した月の翌月末に指定口座へ入金

申し込み後の流れで注意していただきたい点が、
「キャッシュバックの案内メールはGMOのメールアドレス宛てに届く」ということです。
日頃プロバイダのメールを利用しない方の場合、メールを見逃してしまう可能性があるので注意しましょう。

キャッシュバックの申請手続きは「ドコモ光の開通工事完了の翌月末まで」にすませる必要があり、期限を過ぎるとキャッシュバックを受け取れません。
キャッシュバックの案内メールを見落とさないよう気を付けて、できるだけ早く申請手続きをすませてください。

gmoとくとくbbキャンペーンのおすすめポイント

繰り返しになりますが、ドコモ光に申し込む際、GMOとくとくBBのキャンペーンを利用するとお得です。

では、キャンペーンを利用せずに申し込んだ場合、どれくらい初期費用に差が出るのでしょうか?
auひかりからドコモ光へ乗り換える場合を例に、初期費用を比較してみたいと思います。
※auひかりを解約する際の違約金として、15,000円が必要なケースで比較します。
※公式キャンペーンは適用されるものとして比較します。

■キャンペーン利用なし
・auひかりの違約金:15,000円
・ドコモ光の工事費:公式キャンペーン適用で無料
・ドコモ光の契約事務手数料:3,000円
初期費用=18,000円

■キャンペーン利用あり
・auひかりの違約金:15,000円(GMOのキャッシュバック15,000円で相殺)
・ドコモ光の工事費:公式キャンペーン適用で無料
・ドコモ光の契約事務手数料:3,000円
初期費用=3,000円

GMOとくとくBBのキャンペーンを利用した場合、キャッシュバックでauひかりの違約金を相殺できるので、実際にかかる費用は3,000円だけです。
キャンペーンを利用せずに申し込んだ場合と比べると、15,000円もお得だということが分かりました。

法人契約でもキャンペーン特典はもらえるの?

もしあなたがドコモのスマホをお使いなら、ドコモ光への加入でスマホ料金が安くなります。
というのも、NTTドコモはインターネットとスマホの両方を契約している方を対象に
「ドコモ光セット割」という割引サービスを実施しているからです。

「ドコモ光セット割」の割引内容は、次の通りです。

■一人用プラン
プラン
(月額料金)割引額
ウルトラデータLLパック
(8,000円)-1,600円
ウルトラデータLパック
(6,000円)-1,400円
ケータイパック
(300円〜4,200円)-500円
※最大1年間
ベーシックパック ※20GBまで
(7,000円)-800円
ベーシックパック ※5GBまで
(5,000円)-800円
ベーシックパック ※3GBまで
(4,000円)-200円
ベーシックパック ※1GBまで
(2,900円)-100円

■シェアパック
プラン
(月額料金)割引額
ウルトラデータシェアパック100
(25,000円)-3,500円
ウルトラデータシェアパック50
(16,000円)-2,900円
ウルトラデータシェアパック30
(13,500円)-2,500円
ベーシックシェアパック ※30GBまで
(15,000円)-1,800円
ベーシックシェアパック ※15GBまで
(12,000円)-1,800円
ベーシックシェアパック ※10GBまで
(9,000円)-1,200円
ベーシックシェアパック ※5GBまで
(6,500円)-800円

まとめ

インターネット回線をドコモ光へ変えるなら、公式キャンペーンだけでなく、プロバイダの独自キャンペーンも利用しましょう。
プロバイダの中でも、GMOとくとくBBはキャッシュバックやルーターの無料レンタルなど、様々な特典がついたキャンペーンを実施しています。

キャンペーンが適用されるとキャッシュバックによって初期費用が抑えられますし、違約金が必要ない場合はキャッシュバックがあなたの臨時収入になるかもしれません。
ぜひキャンペーンを有効活用して、お得にインターネットを利用しましょう!